ヘッダロゴ
PCからITまでおまかせください。


1.IT導入補助金2021について|徳島でIT導入補助金2021ならUTILITY

1.IT導入補助金2021について

1-1
IT導入補助金2021の事業目的

IT導入補助金2021は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助等することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的とする。

また、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」という。)が複数年にわたって中小企業・小規模事業者等の生産性向上を継続的に支援する「生産性革命推進事業」内の「IT導入補助金」において、低感染リスク型ビジネス枠(「特別枠C類型・D類型」)を設け、新型コロナウイルス感染症の流行が継続している中で、現下及びポストコロナの状況に対応したビジネスモデルヘの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務の非対面化に取り組む中小企業・小規模事業者等の積極的なIT導入に対して、「通常枠」よりも補助率を引き上げて優先的に支援する。

1-2
事業スキーム

本公募は、以下の図のうち、IT導入補助金事務局(以下「事務局」という。一般社団法人サービスデザイン推進協議会が運営する。)が、補助事業者の公募を行うものである。

事業スキーム

【IT導入補助金事務局】
一般社団法人サービスデザイン推進協議会が運営するサービス等生産性向上IT導入支援事業事務局を指し、申請の受付、検査、補助金の交付等を行います。

【IT導入支援事業者】
IT導入支援事業者は、補助事業者と共に事業を実施するパートナーとして、補助事業者に対するITツールの説明・導入・運用方法の相談等のサポート及び、補助金の交付申請や実績報告等の事務局に提出する各種申請・手続きのサポートを行う事業者で、事務局及び外部審査委員会による審査の結果、採択された者を指します。

なお、IT導入支援事業者が提供し、かつ本事業において登録されたITツールのみが補助対象となります。

【中小企業・小規模事業者等(申請者補助事業者)】
生産性向上のため業務プロセスの改善と効率化に資するIT ツールを導入し、補助金の交付を受ける者を指します。

IT導入補助金2021の交付申請にはGビズIDが必要です。

IT導入補助金2021の交付申請にはGビズIDプライムアカウントが必要です。お持ちでない方は、事前にGビズIDプライムアカウントを取得してください。すでに有効なGビズIDプライムアカウントをお持ちの方はそのままお使いいただけます。

gBizIDのウエブサイトを見る マニュアル(gBizIDプライム編)をDLする
IT補助金2021の事業内容